わたしたちの出発点

わたしたちの出発点

新しい技術を提供する場。さまざまな課題を受け止める場。コミュニケーションがはじまる場。新しいアイデアが生まれる場。私たちは、医療の「現場」に接することを大切にしたいと考えています。「販売させて頂くこと」「悩み考えること」「会話を楽しむこと」「新しい何かを作ること」すべてのきっかけは、日々の現場に隠されているのではないでしょうか。

人にしかできないこと

鍵を閉め忘れたり、スーパーマーケットで卵を買い忘れたり。日常の生活にはよくあることです。しかし、このような小さなミスも、医療の現場では大きなリスクと隣り合わせになります。私たちは、ミスを未然に防ぐ為のさまざまな「アイデア」を提供しています。そして、医療現場に携わる方が、「人にしかできないこと」に専念していただけるよう、お手伝いをしたいと考えています。

変化し続ける存在であること

人も、企業も、変化し続けています。そういった意味では、企業も人も似ているのではないでしょうか。常に考え、悩み、行動し、生み出し、そして成長し、やがて周りに影響を与えてゆく。変化を恐れず、変化に立ち向かい、「新しい何か」を生み出す力にする。私たちトーショーも、変化をし続ける存在でありたいと考えています。

今も昔も変わらないこと

私たちのビジネスは、薬を包む紙「薬包紙(ヤクホウシ)」を販売することから始まりました。まだ粉薬を自動で分包する機械が登場するずっと前から。薬は、私たちトーショーの原点と言えるかも知れません。薬を扱う現場に最適なソリューションを提供し、現場の数だけ、答えを導き出すこと。それが、今も昔も変わらないトーショーの仕事です。

「新しい何か」がもたらす変化

人の手で行われてきたことが機械に置き換わることで、社会に大きな変化がおこります。“人にしかできない仕事”と“機械でできる仕事”の棲み分けが進み、私たちの社会は発展してきました。私たちトーショーと医療の現場との間も、このような関係を築いていきたいと考えています。私たちトーショーは、いつの時代も「新しい何か」を提供することでより良い医療の現場を目指していきたいと考えています。

事業案内

  • 事業案内トップ
  • わたしたちの出発点
  • 5つの製品群
  • ソリューション
  • 海外での取り組み

ページの先頭へ戻る