薬品を管理する機器

LITERA-Shelf 製品の詳細はこちら

リアルタイム薬品管理装置 LITERA(リテラ) LITERAは、注射薬や医療材料のなどの数量を正確に管理することのできる装置です。

LITERAという名前は、英語で「読み書きの能力」を意味する「LITERACY」からきています。その名のとおり、LITERAは「読み書きの能力」を持った装置です。私たちの携わる医療現場では、多くの医療材料や薬品が扱われています。それらは高価なものや、危険なものも多く、より正確に管理する方法が求められています。

LITERAは、薬品を取り出すだけで自動的に数量をカウントし、作業時にリアルタイムに計数管理します。
利用者のID認証を行い、誰が、いつ、どの薬品を、どのような目的で使用したか、という履歴を残すことが可能です。

注射薬の管理

抗がん剤などの箱類の管理

薬品を取り出すと自動カウント

手術室、処置室、病棟、薬局などにそれぞれLITERAを配置しオンライン接続することで、病院全体の薬品在庫をリアルタイムに把握することが可能となります。正確性と安全性を要求される医療現場において、LITERAはより正確な薬品管理体制をサポートしていきます。

LITERAオンライン接続イメージの概要図

事業案内

  • 事業案内トップ
  • わたしたちの出発点
  • 5つの製品群
    • 錠剤を包む機器
    • 散薬を包む機器
    • 注射薬を払い出す機器
    • 薬品を管理する機器
  • ソリューション
  • 海外での取り組み

ページの先頭へ戻る