薬品管理を徹底したい

経営面でも重要な薬品管理 麻薬や向精神薬をはじめ、1本単価が高価な抗がん剤、高額の医療材料などを徹底的に管理することは、安全面においても経営的側面においても、重要な要素です。薬品の使用を、行為発生時点でリアルタイムに記録することにより、追跡調査を可能にします。また集計した履歴により、適正在庫や採用薬品選定の指標を、正確な数値として把握することが可能になります。

手術室薬剤管理

緊急に薬剤や医療材料を使用する手術室では、使用薬品の事後把握が難しく、請求漏れが指摘されています。
リアルタイム薬品管理装置をはじめとしたリテラマネージャーは、
手術前に対象の患者さんを登録し、使った薬品を手術終了と同時に医事課請求へ送信します。

手術室薬剤管理の概要図

病棟薬剤管理

病棟定数配置薬品の使用実態を正確な数値として把握することにより、適正な薬品を、適正な数量で配置することができます。
施錠管理すると同時に、使用行為発生時点でリアルタイムに「いつ、だれが、だれに、なにを、いくつ、どうしたか」を記録します。

病棟薬剤管理の概要図

事業案内

  • 事業案内トップ
  • わたしたちの出発点
  • 5つの製品群
  • ソリューション
    • もっと効率的に業務を行いたい
    • 安全に正確に薬を扱いたい
    • 患者さんに親切な服薬指導をしたい
    • 注射業務を安全に、効率的に行いたい
    • クオリティの高い無菌製剤をしたい
    • 薬品管理を徹底したい
    • 処方箋入力を省力化したい
  • 海外での取り組み

ページの先頭へ戻る