安全に正確に薬を扱いたい

リスクを回避するシステム ヒヤリハット事例の多くは、薬剤に関する項目が占めているといわれています。私たちは日々の調剤業務に潜むリスクをキャッチし、それを回避するシステムを自然な形で運用内に組み込みます。安全に薬剤を取り扱えるお手伝いをいたします。

散薬監査システム

散薬監査システムは、目視での判別が難しい散薬に対し
「正しい薬品か」「正しい量か」「正しい患者か」を自動的にチェックします。
分包機と連動させることにより、さらに安心して散薬分包を行えます。

散薬監査システムの概要図

処方チェック

オーダリングデータや入力された処方データに対し、自動で薬学的なチェックを行います。
帳票の印字や画面での注意喚起などによって、薬剤師さんが、
処方について担当の医師に問い合わせる際に役立つ機能を備えています。

処方チェックの概要図

特定薬剤管理システム

取り扱いに注意が必要な薬剤に対し、帳票発行やロットNo.入力により管理を徹底します。
「いつ・誰(医師)のオーダーで、誰に使用したか」などを記録。
簡単に検索・呼び出しを行うことで薬品使用を明確化します。

特定薬剤管理システムの概要図

リアルタイム薬品管理システム

病棟やICUなどにおいて、使途不明薬品に頭を悩ませるケースが多くあげられます。
抗がん剤など高価な薬品や高額の医療材料など、徹底した管理が求められる薬品・医材を、
システムがリアルタイムに記録し、追跡調査を可能にします。

リアルタイム薬品管理システムの概要図

事業案内

  • 事業案内トップ
  • わたしたちの出発点
  • 5つの製品群
  • ソリューション
    • もっと効率的に業務を行いたい
    • 安全に正確に薬を扱いたい
    • 患者さんに親切な服薬指導をしたい
    • 注射業務を安全に、効率的に行いたい
    • クオリティの高い無菌製剤をしたい
    • 薬品管理を徹底したい
    • 処方箋入力を省力化したい
  • 海外での取り組み

ページの先頭へ戻る