展示会情報

展示会一覧 2010年

第20回日本医療薬学会年会付設薬科機器展示会

日程:
2010年11月13日(土)~14日(日)
会場:
幕張メッセ(千葉市)
出展機器:
注射薬自動払出しシステム、リアルタイム薬品管理装置、注射薬混注監査システム、抗がん剤自動調製装置装置、自動調剤棚、全自動錠剤分包機、全自動散薬分包機
登録者数:
6635名

担当者のひとこと
幕張メッセは行ったことが無く、すべてが初めてづくしでした。今回の参加登録者数が過去最高でした。ブースにも多くの薬剤師の方がお見えになり、例年にない盛り上がりをみせておりました。隣の屋外展示場では中川翔子のイベントがありコスプレ姿の若い人たちを多数見かけました。

展示会風景

第4回日本薬局学会学術総会

日程:
2010年11月6日(土)〜7日(日)
会場:
長良川国際会議場(岐阜市)
出展機器:
処方せん受付システム、調剤過誤防止システム、全自動錠剤分包機、全自動散薬分包機等

担当者のひとこと
秋をイメージしたブースにしてみました。会場近くの長良川沿いではインラインスケートの大会が行われたり、金華山は紅葉が色づき見ごろになっていました。

展示会風景

第43回日本薬剤師会学術大会 付設薬科機器展示会

日程:
2010年10月10日(日)~11日(祝)
会場:
ビッグハット(長野市)
出展機器:
自動調剤棚、処方せん受付システム、調剤過誤防止システム、監査システム調剤台、全自動錠剤分包機、全自動散薬分包機、薬袋印字装置等
登録者数:
7500名

担当者のひとこと
全国から主に調剤薬局に勤務している薬剤師の方々がお見えになり、薬科機器やシステム関連メーカー等多数出展されたこともあり、大盛況でした。

展示会風景

TOSHO Presents:革新した調剤業務の最前線をiPad、iPodで

日程:
2010年9月26日(日)10:00~12:00
会場:
アップルストア銀座(中央区)

担当者のひとこと
今回、Apple Store, Ginza様のシアタールームをお借りしてイベントを開催させて頂きました。
初回にも関わらず多数のご応募、ご参加があり大盛況で幕を閉じる事が出来ました。

展示会風景

第72回九州山口薬学大会付設薬科機器展示会

日程:
2010年9月19日(日)~20日(祝)
会場:
海峡メッセ下関(下関市)
出展機器:
服薬指導、持参薬システム、注射薬監査システム、抗がん剤システム、全自動散薬分包機、全自動錠剤分包機等
登録者数:
3000名

担当者のひとこと
下関といえばふぐ。会場から近い唐戸市場でふぐのから揚げと味噌汁を食べました。思ったより安価で美味しかったです。

展示会風景

日本病院薬剤師会関東ブロック第39回学術大会付設薬科機器展示会

日程:
2010年8月28日(土)~29日(日)
会場:
東京ファッションタウンビル(有明)
出展機器:
自動調剤棚、監査システム調剤台、全自動錠剤分包機、全自動散薬分包機、リアルタイム薬品管理装置
登録者数:
3750名

担当者のひとこと
夏休み最後の週末ということもあり、有明、お台場周辺は人・人で混雑していました。参加者は4000名近かったそうです。

展示会風景

国際モダンホスピタルショウ2010

日程:
2010年7月14日(水)~16日(金)
会場:
東京ビックサイト(東京)
出展機器:
注射薬自動払出しシステム、リアルタイム薬品管理装置、音声コード付薬剤情報システム
登録者数:
79150名

担当者のひとこと
3日間とも、すごく暑い日でした。初日、2日目ともまずまずの人出でしたが、最終日は予想をはるかに超えた大勢のお客様にご来場いただきました。

展示会風景

日本薬学会第130年会併催薬科機器展示会

日程:
2010年3月28日(日)〜30日(火)
会場:
桃太郎アリーナ(岡山市)
出展機器:
自動調剤棚、リアルタイム薬品管理装置、全自動錠剤散薬分包機、注射薬監査システム、抗がん剤自動調製装置
登録者数:
9000名

担当者のひとこと
会場全体がとても寒く、しかも暖房も入っていなかったので、説明員に温かいコーヒーやカイロを配りながら寒さを凌いでいました。

展示会風景

第31回日本病院薬剤師会 近畿学術大会付設薬科機器展示会

日程:
2010年1月30日(土)〜31日(日)
会場:
国立京都国際会館(京都市)
出展機器:
全自動錠剤散薬分包機等
登録者数:
4000名

担当者のひとこと
近畿地区の病院薬剤師を対象に京都で行われ、真冬にもかかわらず4000名もの参加者が集まりました。

展示会風景

展示会情報

  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度

ページの先頭へ戻る