全自動錠剤散薬分包機

aiシリーズ TOSHO の新しいブランド、Ai シリーズ ai-1920 io-1920win(アイイチキューニーマル アイイチキューニーマルウィン)

省スペースで多くの錠剤を収納。優れた機能性を併せた散薬錠剤分包機。 省スペースで多くの錠剤を収納。優れた機能性を併せた散薬錠剤分包機。

  • 最大192カセット搭載
  • 錠剤1~255日/散薬1~93包×2
  • Windowsフォント完全対応プリンター標準搭載
  • 製品ラインナップページへ
  • 機能一覧表PDFダウンロード
  • カタログPDFダウンロード

Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためには Adobe Reader が必要です。
※別ウィンドウで開きます。

製品の特徴 イメージ

スライドキャビネット

トーショー独自のスライドキャビネット機構で、省スペースで多くの錠剤カセットを搭載可能に。 また、従来のカセットよりもコンパクトになったので、キャビネットのサイズもコンパクトになりました。設置時、壁付けも可能です。 また、Ai-1920はこのサイズで業界No.1のカセット搭載数。 ※当社調べ(2016年10月現在)

製品の特徴 イメージ

錠剤カセット

新しく生まれ変わったローターカセット。 従来よりコンパクトになったことで、棚のサイズもコンパクトになりました。 従来カセットよりもコンパクトですが、内容量は同じ。 また、錠剤を1錠ずつ落とす機構の羽根は、錠剤の形状によって異なるので多数の羽根の種類があります。錠剤の種類に応じているので安心です。 カセットの歴史と共にトーショーの歴史でもあります。

製品の特徴 イメージ

IF錠剤カセット誤挿入防止機能

IF(アイエフ)は、錠剤カセット誤挿入による分包ミスをシャットアウトする機能です。 錠剤カセット番号を自動認識し、この警告に気が付かず分包を開始しても、カセットからの錠剤の切り出しをロックして、誤分包を未然に防ぎます。 Aiシリーズには、全ての錠剤カセットにIFの機能が搭載されています。

製品の特徴 イメージ

U2ゾーン

ジェネリック医薬品の普及率が高くなり、より多くの錠剤の分包が求められます。これらを全て手撒きコンベアで処理した場合、機械の停止時間は増大し、生産性が低下します。 そのような背景から生まれたのが、U2ゾーンです。 24個のフィーダーベースから構成されるU2ゾーンは、特定多数のカセット(201番〜899番)を自動的にサーチし分包を行います。 すなわち、効率的にカセットを入れ替えながら、より多くの錠剤をスムーズに分包することが可能となります。 ※オプション対応です。

Aiシリーズ製品画像

ioシリーズ

充実した機能と性能で、最も頼れる一台に io-1620 win(イオイチロクニーマルウィンルミオ)

散薬の不均等分割と豊富な錠剤カセット数で、すべての錠剤散薬一包化に対応します。

  • 最大162カセット搭載
  • 錠剤1~255日/散薬1~93包×2

カタログダウンロード PDF(610KB)

長期投与を見すえた確信の一台 io-1620 EX4(イオイチロクニーマルイーエックスフォー)

散薬の不均等分割と豊富な錠剤カセット数で、すべての錠剤散薬一包化に対応します。

  • 最大162カセット搭載
  • 錠剤1~255日/散薬1~93包×2

カタログダウンロード PDF(1.1MB)

コンパクトでall in one io-80 ROMEO(イオハチマルロメオ)

省スペースで「錠剤分包」「散薬分包」「計量調剤」3役をこなします。

  • 最大60カセット搭載
  • 錠剤1~255日/散薬1~90包

カタログダウンロード PDF(7.2MB)

製品情報

  • 製品情報トップ
  • Xana 全自動錠剤分包機
  • io 全自動錠剤散薬分包機
  • io 全自動散薬分包機
  • UNIPUL 注射薬自動払出装置
  • LITERA リアルタイム薬品管理装置
  • プリンター、その他の取り扱い製品
  • face-R 処方箋入力支援システム
  • ソリューション一覧

ページの先頭へ戻る