ここが自慢

UNIPUL 注射薬自動払出装置

トーショー製注射薬払出し装置(以下ユニプル)「UNIPUL」は販売開始から今年(2010年)で15年目を迎え、導入実績は業界最多の180施設を越えました。

今日では普及率も高くなってきましたが、当社は注射薬調剤支援システムと注射薬払出し装置のオンライン化を日本で初めて実現しました。

当社の注射薬払出し装置(以下、ユニプル)の基本コンセプトは「注射薬の払出しだけでなく、患者様への投薬など注射業務全般を支援する」ことです。
システム連携・機器ユニットの組み合わせ・導線を考慮した上での図面提案など、お客様のニーズにあった最適なソリューションを提供させて頂くことが出来ます。

豊富な導入実績の中で、これまで様々な病院様の注射薬運用に携わらせていただきましたが、ひとつとして同じ運用はありません。
ユニプルは今後もお客様のニーズに的確且つ迅速にお答えできるよう商品力の向上を常に探究していきます。

コンパクトユニプル

製品情報

  • 製品情報トップ
  • Xana 全自動錠剤分包機
  • io 全自動錠剤散薬分包機
  • io 全自動散薬分包機
  • UNIPUL 注射薬自動払出装置
    • ここが自慢
  • LITERA リアルタイム薬品管理装置
  • プリンター、その他の取り扱い製品
  • face-R 処方箋入力支援システム
  • ソリューション一覧

ページの先頭へ戻る